見つけよう、君の未来!やまがたで学ぼう 進学ガイド

ホーム > 県内奨学金制度

県内奨学金制度

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
1 母子父子寡婦福祉資金
(修学資金)
山形県 023(630)2267 3 2 6 大学公立・自宅67,500
私立・自宅
1,000
短大公立・自宅67,500
私立・自宅79,500
公立・自宅
27,000
私立・自宅
45,000
専修48,000 貸与 随時 配偶者のない女子及び男子で現に児童を扶養している者、その扶養している児童及び父母のない児童 月額は公立・私立、自宅・自宅外により異なる
2 山形県医師修学資金 山形県 023(630)2258 29 年額 200万 貸与 在学 大学卒業後、県内の公立病院等に勤務しようとする医学を履修する課程に在学する者 大学卒業後、県内の公立病院等に一定の期間勤務する等の条件を満たせば返還を免除
3 山形県看護職員修学資金 山形県 023(630)2258 看護職員養成施設
80名
50,000 貸与 在学 県内外の看護職員養成施設等の在学者で、卒業後に県内で看護職員の業務に従事する意思を有している者 看護職員の免許取得後、直ちに県内の医療機関等に一定の期間勤務する等の条件を満たせば返還を免除
4 山形県高等学校奨学金
(育英奨学金)
山形県 023(630)2513 208 公18,000
私30,000
貸与 予約在学 高等学校在学生の扶養者が県内に住所を有すること 緊急採用は別枠
5 山形県高等学校奨学金
(特別貸与奨学金)
山形県 023(630)2513 19 公18,000
私30,000
貸与 在学 高等学校在学生の扶養者が県内に住所を有すること
6 山形県高等学校定時制課程及び通信制課程修学資金 山形県 023(630)2052 14,000 貸与 在学 県内の定時制課程又は通信制課程に経常的収入を得る職業に就きながら在学している者
7 生活福祉資金(教育支援資金) 山形県社会福祉協議会 023(622)5699 大学65,000円短大60,000円 高校35,000円 高専60,000円専修60,000円 貸与 随時 山形県内に住民登録及び居住しており、かつ、低所得世帯に属する者(世帯総所得の上限あり) 他の無利子貸付を活用可能な場合は他制度優先
相談及び申込窓口は県内の各市町村社会福祉協議会
8 介護福祉士修学資金貸付事業 山形県社会福祉協議会 023(633)7739 30名程度 50,000 貸与 在学 介護福祉士養成施設に在学している者で、現在または入学前年度に県内に住所を有している者。かつ、卒業後、県内において介護職として就労する意欲があり、介護福祉士取得に向けた向学心があると認められる者。 養成施設卒業後介護等の特定の業務に一定期間従事する等の要件を満たせば、返還免除
9 社会福祉士修学資金貸付事業 山形県社会福祉協議会 023(633)7739 若干名 50,000 貸与 在学 社会福祉士養成施設に在学している者で、現在または入学前年度に県内に住所を有している者。かつ、卒業後、県内において相談援助業務等に就労する意欲があり、社会福祉士取得に向けた向学心があると認められる者。 養成施設卒業後相談援助等の特定の業務に一定期間従事する等の要件を満たせば、返還免除
10 保育士修学資金貸付事業 山形県社会福祉協議会 023(633)7739 保育士養成
施設概ね70名
50,000 貸与 在学 山形県県内に住所登録している者や本県出身者で、保育士養成施設に在学し、世帯の経済状況等から真に修学資金の貸付が必要と認められる者。かつ、卒業後、山形県内で保育業務に従事しようとする者。 養成施設卒業後、保育業務に一定期間従事する等の要件を満たせば、返還免除
月額の他、入学準備金(最大20万円)就職準備金(最大
20万円)あり。H30年度の募集は終了。

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
11 きらやか銀行
教育福祉振興基金奨学金
一般財団法人きらやか銀行
教育福祉振興基金
023(631)0001 大学・大学院30,000
短大20,000
15,000 高専20,000
専門15,000
貸与 在学 山形県に本籍又は住所をおく者 貸与金無利子
採用数(H28年度実績)大学11名、短大9名
高校1名
12 村山同郷会奨学金 公益財団法人村山同郷会 023(632)1240 10名程度
短大除く大学院含む
一般30,000
特別40,000
貸与 在学 村山地方出身の県外大学入学者及び在学生・大学院生
https://murayama- dokyokai.wixsite.com/murayama-dokyokai/home
・卒業後の20年間の半年賦均等返済が可能であること。
・貸与金額に関しては無利子とする。
・保証人を必要とする。
13 やまがた教育振興財団奨学金 公益財団法人やまがた教育振興財団 023(625)6411 10 授業料・入学料
相当額/年
貸与 予約在学 奨学金の貸与を受けることができる者は、次に掲げる要件をすべて備えた者とする。
(1)次に掲げるいずれかの者であること。ただし、教育公務員特例法(昭和24年法律第1号)第22条第3項の規定に基づき修学する者を除く。
ア 山形大学大学院教育実践研究科に修学見込みの者又は修学する者であること。
イ山形大学地域教育文化学部に在学中であって、山形大学大学院地域教育文化研究科に修学見込みの者であること。
ウ山形大学地域教育文化学部(同大学教育部を 含む。)を卒業した者であって、山形大学大学院地域教育文化研究科に修学見込みの者であること。 (2)山形大学大学院教育実践研究科又は同大学院
地域教育文化研究科の課程を修了後、山形県内の公立学校 (小学校、中学校、高等学校及び特殊支援学校に限る。)に教員として勤務する意思を有していること。
山形県の教員として10年以上勤務した場合は半額の返還を免除
14 山形大学
山澤進奨学金
山形大学 023(628)4139 6 50,000 給付 予約 ・高等学校を卒業した者又は平成29年3月卒業見込の者で、平成29年度山形大学推薦入試・AO入試・前期日程試験を受験する者
・高等学校等の学校長から、人物・学力ともに特に優秀で、調査書の全体の評定平均値が3.6以上である者、又はこれと同等と認められる者
・経済的理由で学費等の支弁が困難である者
・山形県の発展に寄与していただくため、卒業後4年間は山形県内で働くことを確約できる者
(上記はH29申込資格)
入学料及び修学期間中の授業料を全額免除
15 山形大学
エリアキャンパスもがみ土田秀也奨学金
山形大学 023(628)4139 1 40,000 給付 予約 ・山形県最上地区の高等学校等を卒業した者又は
平成29年3月卒業見込の者で、平成29年度山形大学推薦入試・AO入試・前期日程試験を受験する者
・高等学校等の学校長から人物・学力ともに優秀であると認められた者
・経済的理由で学費等の支弁が困難である者
・山形県最上地区の発展に強い意欲を有する者
(「最上地区」は新庄市、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村の8市町村を指す。)
(上記はH29申込資格)
入学料及び修学期間中の授業料を全額免除
16 山形大学
YU Do Best 奨学金
山形大学 023(628)4139 10名程度 30,000 給付 在学 学部3年生(医学部医学科は5年生)のうち、人物・成績ともに優秀で、奨学生に相応しい学生
17 山形大学
修学支援事業 学生支援奨学金
山形大学 023(628)4139 一括貸与
5万円単位
上限30万円
貸与 在学 経済的理由により、一時的に授業料等の支払いが困難になった者 ※採用人数に年度毎の定めなし
(予算額を超えない範囲で実施)
18 公益財団法人
山形東高奨学会奨学金
公益財団法人 山形東高奨学会 023(631)3501 若干名 1回限り
50〜70万
給付 山形東高を成績人物ともに優秀で卒業し、大学に合格しながら学資の支弁が困難な者 山形東高等学校内
19 山形学院貸与奨学金 学校法人山形学院 023(641)4116 5 15,000 貸与 在学 山形学院高校に在籍する生徒で、各家庭の事情により経済的な協力を必要とする者
20 山本竹司育英奨学金(支給) 学校法人山本学園 023(643)0358 20,500 専修15,500 給付 在学 山本学園の設置する高校及び専門学校に在学する者

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
21 上山市奨学金 上山市 023(672)1111 7名程度 国公立・自宅通学
45,000
国公立・自宅外通学
51,000
私立・自宅通学
54,000
私立・自宅外通学
64,000
入学時100,000
貸与 予約在学 上山市に住所を有する者の子弟 上山市教育委員会内
22 天童市奨学基金 天童市 023(654)1111 平成29年度
1
平成30年度
0
10,000 貸与 在学 天童市に住所を有し、県内の高等学校に在学する者の保護者 天童市教育委員会内
23 山辺町育英奨学金 山辺町 023(667)1115 若干名 一時金 500,000 貸与 山辺町に住所を有する者の子弟で、学校教育法に規定する大学に進学する者 山辺町教育委員会内
24 日東食品奨学育英資金 一般財団法人日東食品教育振興基金 0237(86)2100 若干名 20,000
短大15,000
貸与 予約在学
25 河北町育英会奨学金 河北町育英会 0237(71)1136 2 40,000
30,000
20,000
10,000
貸与 在学 河北町に住所を有する者の子弟 河北町教育委員会内
26 河北町人材育成奨学金 河北町 0237-73-2111
(内522)
大学のみ募集人数8名 年額 50万 給付 在学 4年制又は6年制の大学に在学する者で、次の各号のいずれにも該当する者
(1)親族が河北町内に住所を有している者
(2)親族全員の合計所得が基準以下である者
(3)親族が町税等を滞納していない者
河北町教育委員会内
27 西川町育英奨学資金 西川町 0237(74)2114 1 30,000 20,000 30,000 貸与 在学 西川町に居住する者の子弟 西川町教育委員会内
28 朝日町奨学金 朝日町 0237(67)3302 4 1 40,000 20,000 40,000 貸与 在学 本人又は本人を扶養している者が、朝日町内に住所を有すること。 朝日町教育委員会内
29 大江町ふるさと奨学基金 大江町 0237(62)2270 大学・短大
・専修学校
5
高校・高専
3
大学・短大・専修学校年額50万円以内 高校・高専
年額
20万円以内
貸与 在学 大江町内に住所を有する者等の子弟で、学習活動、その他、生活全般の態度、行動が奨学生にふさわしく、将来良識ある社会人としての活動が見込める者(家計基準あり) 大江町教育委員会内貸与金無利子
30 東根育英会 公益財団法人東根育英会 0237(42)1111 (内3532) 8 1 26,000 10,000 石川奨学金
50,000
貸与 在学 東根市民の子弟 採用人数は予算により変動。東根市教育委員会内

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
31 村山市夢応援奨学金
(高校生夢応援奨学金)
村山市 0237(55)2111
(内323)
高専を含む
30名程度
入学のみ 100,000 給付 高等学校または高等専門学校(以下、「高校等」という。)に進学した生徒の保護者で、受給資格は次の各号のいずれにも該当する方です。
(1)高校等の進学した生徒及びその保護者が、申請する年の4月1日の1年以前より本市の住民基本台帳に記載され、本市に居住していること。
(2)生徒が勤勉であること。
(3)生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による被保護世帯もしくは、前年度の市民税が非課税の世帯であること。
村山市教育委員会内
32 村山市夢応援奨学金
(大学生夢応援奨学金)
村山市 0237(55)2111
(内323)
4年もしくは
6年生の大学
5名程度
年額600,000 給付 大学(4年制もしくは6年生制)に進学した学生で、次の各号のいずれにも該当する方です。
(1)進学した学生及びその保護者が、申請する年の4月1日の2年以前より本市の住民基本台帳に記載され、本市に居住していること。
(2)勤勉であること。
(3)生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による被保護世帯もしくは、過去3ヵ年の内、2ヵ年以上において市民税が非課税の世帯であるこ と。
(4)日本学生支援機構による第一種奨学金の奨学生であること。
村山市教育委員会内
33 尾花沢市おもたか奨学金 尾花沢市 0237(22)1111 (内312) 1 15,000 貸与 予約 尾花沢市民の子弟 平成29年度実績
尾花沢市教育委員会内
34 最上育英会奨学金 公益財団法人最上育英会 0233(22)2111 (内447) 5
短大除く
40,000
短大除く
貸与 予約在学 新庄市及び、最上郡内出身 新庄市教育委員会内
35 最上育英会奨学金(新庄市枠)
(新庄市ふるさと創生人材確保事業奨学金)
公益財団法人最上育英会 0233(22)2111 (内447) 4 40,000 貸与 予約在学 新庄市民であって下記のいずれかの資格に該当する者
(1)大学の理工系学部(情報系を含む)を志望し、大学終了後6ヶ月以内に新庄市内の製造業の事業所に就職しようとする意思を持つ者
(2)保育系の大学等を志望し、大学等修了後6ヶ月以内に保育士として新庄市内の事業所に就職しようとする意志を持つ者。
大学等修了後6ヶ月以内に新庄市内の事業所に就職した場合、返還金額の50%を免除する。
新庄市教育委員会内
36 金山町育英会奨学金 金山町育英会 0233(52)2902 40,000
短大除く
30,000
短大含む
貸与 予約 金山町に住所を有する者の子弟で学業人物ともに良好な者 金山町教育委員会内
37 最上町教育振興修学資金 最上町 0233(43)2111 4 1 50,000 年額 180,000 50,000 貸与 在学 最上町に住所を有する者の子弟 最上町教育文化課
38 最上町あすなろ修学資金 最上町 0233(43)2111 50,000 50,000 貸与 在学 最上町に住所を有する者の子弟 最上町教育文化課
H18年から
39 大場育英基金 最上町 0233(43)2111 1 50,000 50,000 貸与 在学 最上町に住所を有する者の子弟 最上町教育文化課
H21年から
40 最上町国民健康保険直営診療施設等人材育成修学資金
(旧:最上町医師修学資金)
最上町 0233(43)3117 1 1 年額200万
(医師・歯科医師)年額60万
(保健師・助産師・看護師・理学療法士・作業療法士・放射線技師・臨床検査技師・薬剤師)
貸与 在学 卒業後、町長が認める施設に勤務する意志があること。 最上町健康福祉課

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
41 最上町看護師育成修学資金 最上町 0233(43)3117 看護職員養成施設
2名
50,000 貸与 在学 最上町出身の看護職員養成施設等の在学者で、卒業後に最上地域に住居し、最上地域において看護師の業務に従事する意志を有していて、山形県看護職員修学資金貸与事業の貸与を受けていない者 卒業後、看護師の免許を取得し、10年間のうち5年間、最上地域に居住し最上地域の医療機関等に看護師として就業する等一定の要件を満たせば返還を免除。(県職員採用者は除く)
42 舟形町教育振興修学資金 舟形町 0233(32)2111 7 50,000 50,000 貸与 在学 舟形町に住所を有する者の子弟 舟形町教育委員会内
43 真室川町教育振興修学資金 真室川町 0233(62)2337 3 ・無利子30,000以内
40,000以内
(医・歯学生に限る)
・町立真室川病院勤務の意思がある医学生
無利子 年額
2,000,000以内
・有利子※60,000以内
100,000以内
(医・歯学生に限る)
・無利子50,000
(最上管内の医療機関等に就業する意志がある看護学生)
貸与 在学 真室川町に住所がある者の子弟 真室川町教育委員会内
※有利子は貸与総額の5%を利子とする。
44 大蔵村奨学資金 大蔵村教育振興会 0233(75)2323 5(1) 3 4(1) 医歯学100,000以内
医療50,000以内
35,000以内
20,000 医療50,000
35,000
貸与 在学 大蔵村に住所を有する者の子弟 【採用人数】
()内は医療従事者を養成する大学及び専修学校
【月額】
下記の①は100,000円以内、
②〜⑤は50,000円以内
①医師又は歯科医師を養成する大学等に在学する者
②看護婦、保健師及び助産師を養成する大学又は専修学校に在学する者
③臨床検査技師等を養成する大学又は専修学校に在学する者
④歯科衛生士を養成する大学又は専修学校に在学する者
⑤その他医療従事者を養成する大学又は専修学校に在学する者
大蔵村教育委員会内
45 鮭川村教育振興修学基金 鮭川村 0233(55)3051 6 50,000 20,000 50,000 貸与 在学 鮭川村に住所を有する者の子弟 平成30年度実績
鮭川村教育委員会内
46 戸沢村教育振興修学資金 戸沢村 0233(72)2111 4 30000
医歯学50,000
30,000 貸与 在学 戸沢村に住所を有する者の子弟 戸沢村教育委員会内
47 石山つぎメモリアル・ファンド奨学資金 公益財団法人石山つぎ
メモリアル・ファンド
0238(22)3450 10 4 200,000
一時金
100,000
一時金
給付 在学 米沢東高校の在校生及び進学者
48 近野教育振興会奨学金 公益財団法人 近野教育振興会 0238(22)0098 27 15,000 給付 在学 米沢市内の高校に在学する学生のうち、経済的理由により修学が困難で、学業・人物ともに良好な者 平成30年度実績
49 自頼奨学財団奨学金 公益財団法人自頼奨学財団 0238(38)4741 12 年額 120,000 給付 在学 米沢興譲館高校に在学する者 米沢興譲館高等学校内
50 時尚奨学会奨学金 公益財団法人時尚奨学金 0238(28)7050 4 年額全日 120,000
定時 60,000
給付 在学 米沢工業高校に在学する者 米沢工業高等学校内

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
51 米沢有為会奨学金 公益社団法人米沢有為会 03(3309)3302
0238(22)5111
5名程度 40,000 貸与 予約在学 置賜地域3市5町の在住者又は出身者の子弟
52 南陽市育英事業奨学金 南陽市 0238(40)3211 (内522) 4 20,000 10,000 専修20,000 貸与 予約在学 南陽市に居住する者の子弟 南陽市教育委員会
53 長井教育会奨学金 公益社団法人長井教育会 0238(87)0633 4 専門
40,000
50,000
50,000 貸与 在学 長井市民の子弟 H29年度実績
奨学生の希望する金額
54 小国町奨学資金 小国町 0238(62)2141 (内36) 20,000 貸与 在学 ・小国町に6箇月以上居住している者の子弟
・教員資格取得のため大学に在籍する者
・資格取得後、小国町の教育施設の業務に直接従事する意思のある者
H29年度実績
小国町教育委員会内
55 いきいき奨学資金 学校法人白鷹学園白鷹高等専修学校 0238(85)2081 専修
2
限度額20,000 貸与 在学 白鷹高等専修学校の在校生
56 飯豊町奨学資金 飯豊町 0238(72)2111 3 2 30,000
短大25,000
一時金各30万
20,000
一時金10万
・専修(専門)
25,000 一時金30万
・特別な研究修学を行う学校
50,000 一時金100万
貸与 在学 飯豊町に住所を有する世帯に属する者 飯豊町教育委員会内
57 鶴岡市育英奨学基金 鶴岡市 0235(57)4861 40,000以内 貸与 予約 藤島地域に住所を有する者の子弟 平成29年度実績
鶴岡市教育委員会内
58 鶴岡市育英奨学基金 鶴岡市 0235(57)4861 2 40,000以内 貸与 予約 櫛引地域に住所を有する者の子弟 平成29年度実績
鶴岡市教育委員会内
59 鶴岡市育英奨学基金 鶴岡市 0235(57)4861 40,000以内 15,000以内 高専15,000以内 貸与 予約 朝日地域に住所を有する者の子弟 平成29年度実績
鶴岡市教育委員会内
60 鶴岡市育英奨学基金 鶴岡市 0235(57)4861 1 40,000以内 15,000以内 高専15,000以内 貸与 予約 温海地域に住所を有する者の子弟 平成29年度実績
鶴岡市教育委員会内

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
61 公益財団法人羽黒育英会育英資金 公益財団法人羽黒育英会 0235(62)2233 6 40,000 貸与 在学 羽黒区域に居住する者又はその子弟
62 克念社奨学育英資金 公益財団法人克念社 0235(22)0028 20 大学院
1
25,000
40,000
大学院25,000 貸与 予約 庄内地域に本籍を有し、当地域の高等学校若しくは高等専門学校卒業者
63 克念社若葉奨学基金 公益財団法人克念社 0235(22)0028 0〜5名 20,000 給付 予約 庄内地域に本籍を有し、当地域の高等学校若しくは高等専門学校卒業者
学業成績が抜群で、学資金の自己調達が極めて困難と認められる者
64 真知社育英会奨学金 公益財団法人真知社育英会 0235(22)4511 7 15,000 5,000 給付 在学 ・本籍地又は住所が庄内地方にある者
・鶴岡市高校長の推薦する者
65 中村ものづくり庄内奨学基金 公益信託
中村ものづくり庄内奨学基金
0235(28)2437 5 50,000 給付 庄内地域に所在する高等学校を卒業し、国内の大学の工学部系に進学する学生で、大学卒業後の就職先として製造業を志望する者
66 鶴信村田育英会奨学金 公益財団法人 鶴信村田育英会 0235(22)2360 6
短大除く
25,000
短大除く
貸与 予約 庄内地区の子弟のうち、学術優秀、品行方正、身体強健でありながら経済的理由により修学が困難な者 貸与金無利子 平成30年度実績
※来年の申込はH31.3上旬締切。H31.3末に決定予定。
67 如松育英会
如松育英会(笹原基金)
如松同窓会 0235(24)6108 23 5 貸与30,000 給付5,000 給付貸与 在学 鶴岡北高校卒業生、在学生 鶴岡北高等学校内平成28年度実績
68 鶴岡東高等学校協和会学費援助金 鶴岡東高等学校協和会 0235(23)2465 114 2,500 給付 在学 鶴岡東高校卒業生の子女が、鶴岡東高校に在学している場合
69 鶴岡市立荘内病院医師修学資金 鶴岡市立荘内病院 0235(26)5111 3 年額
200万円以内
貸与 在学 修学資金の貸与を受けることができる者は、次に掲げる要件を備える者とする
(1)大学卒業後、医師として鶴岡市立荘内病院に勤務する意思を有していること
(2)大学の医学を履修する課程に在学していること(3)原則として、他の修学資金等の返還の債務がないこと
次の事項のすべてを満たすこととなったとき、修学資金の返還の債務を全額免除する
(1)大学を卒業した日の属する月の翌月から2年以内に医師免許を取得すること
(2)医師免許を取得した日の属する月の翌月から5年経過した日までに鶴岡市立荘内病院に勤務し、引き続き在職すること
(3)鶴岡市立荘内病院に在職する期間が、貸与を受けた期間の1.2倍に達したとき(ただし、貸与を受けた期間の1.2倍が
5年未満の場合は5年とする)
※大学院に在学した期間、他の医療機関で研修を受ける期間は引き続き在職しなければならない期間から除く
70 三川町育英奨学資金 三川町 0235(66)3111 6
全体
50,000 10,000 高専15,000 貸与 予約在学 三川町に住所を有する者の子弟 三川町教育委員会内貸与金無利子

トップへもどる

No. 名称 実施主体 電話番号 採用人数 月額 給付貸
与の別
採用
の別
申込資格 備考
大・短 高校 その他 大・短 高校 その他
71 庄内町育英資金 庄内町 0234(56)2214 43,000短大31,000
一時金500,000以内
9,900 高専19,000専修31,000 予約貸与 在学 庄内町に住所を有する者の子弟 庄内町教育委員会内貸与金無利子
72 荘内育英会奨学金 公益財団法人荘内育英会 0234(26)9720 5 50,000 貸与 予約 ・本人及び父母が庄内地区在住者
・庄内地区高等学校及び同等以上校を卒業して大学に進学する者
貸与金無利子
※平成28年度実績
73 酒田実業高校育英資金 公益社団法人酒田実業高校育英会 0234(24)3181 2 50,000 貸与 在学 酒田光陵高校の卒業者
74 京野教育振興基金大学修学奨学金 酒田市 0234(26)5772 1
短大除く
一時金 300,000 給付 ・酒田市に住所を有する者の子
・国立大学法人立大学又は公立大学、若しくは市長が特に認めた大学(東北公益文科大学)に入学した者
75 遊佐町看護師等奨学金 遊佐町 0234(72)4111 若干名 若干名 若干名 50,000円以内 50,000円
以内
50,000円以内 貸与 在学 次の①②の全てに該当する者
①保健師助産師看護師法第21条、又は第22条に規定する文部科学大臣・厚生労働大臣・都道府県知事が指定した大学・学校・養成所に在学する者
②①の大学・学校・養成所を卒業後に、町内医療施設・福祉施設等で、看護師・准看護師として勤務する意思のある者
学校等を卒業した日から1年以内に、看護師・准看護師の免許を取得し、免許取得後3年以内に、町内の医療 施設・福祉施設等で3年間継続して勤務した場合は全額免除
76 斎藤力丸奨学基金 公益信託
斎藤力丸奨学基金
03(5232)8910 20 20,000
他に一時金
(50,000)
給付 在学 山形県内の高等学校在学かつ山形県内に居住する者
77 日本学生支援機構奨学金 独立行政法人
日本学生支援機構
申込に関する問合せは、在学する学校の奨学金窓口となります。 【大学院】
○第一種奨学金
〈修士、博士前期、専門職大学院〉 50,000/88,000
〈博士、博士後期、博士医・歯・獣医・薬学(6年制薬学部に基礎を置く薬学系大学院博士課 程(4年制))〉 80,000/122,000
○第二種奨学金 50,000/80,000/
100,000/130,000/
150,000
※法科大学院の法学を履修する課程の場合は
190,000/220,000も選択
【大学】
○第一種奨学金(※1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000/
54,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
50,000/64,000
○第二種奨学金 20,000〜120,000
(10,000単位)
※私立大学の医・歯学の場合は160,000も選択可
※私立大学の獣医・薬学の場合は140,000も選択可
【短大】
○第一種奨学金(※1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000/
53,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
50,000/60,000
○第二種奨学金 20,000〜120,000
(10,000単位)
【専修学校専門課程】
○第一種奨学金(※
1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000
/51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000
/53,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000
/50,000/60,000
○第二種奨学金 20,000〜120,000
(10,000単位) 【高等専門学校】
○第一種奨学金
〈1〜3年生〉
(国公立・自宅通学) 10,000/21,000
(国公立・自宅外通学) 10,000/22,500
(私立・自宅通学) 10,000/32,000
(私立・自宅外通学) 10,000/35,000
〈4・5年生〉(※1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000
/51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000
/53,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000
/50,000/60,000
○第二種奨学金 (4・5年生のみ) 20,000〜120,000
(10,000単位)
[大学院、大学、
短大、専修学校専門課程、高等専門学校 (4・5年編入学時のみ)]
○入学時特別増額貸与奨学金 100,000/200,000/
300,000/400,000/
500,000
貸与 予約在学 ◆予約
【大学院】
大学院入学予定者
【大学・短大・専修学校専門課程】
次の(1)〜(3)のいずれかに該当する者で、大学・短大・専修学校専門課程に入学したことがない者
(1)高等学校または専修学校高等課程の卒業予定者
(2)高等学校または専修学校高等課程を卒業後2年以内の者
(3)高等学校卒業程度認定試験の合格者・科目合格者(免除科目を含む)または受験手続を終えた者
【高等専門学校】
中学校の第3学年に在学する者 ◆在学
大学院、大学、短大、専修学校専門課程、高等専門学校に在学する者
※詳細は在学する学校に申し出て案内書類で確認してください。
旧日本育英会奨学金 ※1
大学、短大、専修(専門)、高専(4・5年生)の平成30年度以降入学者において、申込時における家計支持者の年収が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになりま
す。
【大学】
○第一種奨学金(※1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000/
54,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
50,000/64,000
○第二種奨学金 20,000〜120,000
(10,000単位)
※私立大学の医・歯学の場合は160,000も選択可
※私立大学の獣医・薬学の場合は140,000も選択可
【高等専門学校】
○第一種奨学金
〈1〜3年生〉
(国公立・自宅通学) 10,000/21,000
(国公立・自宅外通学) 10,000/22,500
(私立・自宅通学) 10,000/32,000
(私立・自宅外通学) 10,000/35,000
〈4・5年生〉(※1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000
/51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000
/53,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000
/50,000/60,000
○第二種奨学金 (4・5年生のみ) 20,000〜120,000
(10,000単位)
[大学院、大学、
短大、専修学校専門課程、高等専門学校 (4・5年編入学時のみ)]
○入学時特別増額貸与奨学金 100,000/200,000/
300,000/400,000/
500,000
◆在学
大学院、大学、短大、専修学校専門課程、高等専門学校に在学する者
※詳細は在学する学校に申し出て案内書類で確認してください。
旧日本育英会奨学金
【短大】
○第一種奨学金(※1)
(国公立・自宅通学) 20,000/30,000/45,000
(国公立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
51,000
(私立・自宅通学) 20,000/30,000/40,000/
53,000
(私立・自宅外通学) 20,000/30,000/40,000/
50,000/60,000
○第二種奨学金 20,000〜120,000
(10,000単位)
※1
大学、短大、専修(専門)、高専(4・5年生)の平成30年度以降入学者において、申込時における家計支持者の年収が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになりま
す。
78 日本学生支援機構奨学金 独立行政法人
日本学生支援機構
申込に関する問合せは、在学する学校の奨学金窓口となります。 【大学・短大】
○国公立・自宅通学の場合
20,000/月
○国公立・自宅外通学の場合
30,000/月
○私立・自宅通学の場合
30,000/月
○私立・自宅外通学の場合
40,000/月
※国立で授業料の全額免除を受ける場合は、給付月額が減額されます。
※社会的養護を必要とする人(児童養護施設入所者等)は、別途一時金として入学時に24万円が支給されます。
【専修学校専門課程・高等専門学校(4,5年生)】
大学・短大と同じ
給付 予約 次の(1)〜(3)のいずれかに該当する者で、大学・短大・専修学校専門課程に入学又は高等専門学校4年生に進級したことがない者
(1)大学、短大、専修学校専門課程に進学する高校3年生等(卒業後2年以内の人を含む)
(2)高専4年生に進級する高専3年生
(3)高校認定試験合格者で合格後2年以内の人、または出願者
※詳細は在学する学校に申し出て案内書類で確認してください
平成29年度進学者は一部先行実施。平成30年度より本格実施。

トップへもどる